アタマがイカレた、あるいっぴきの『くま』の物語

利尻島昆布干しアルバイト奮闘記その⑦(製品作り編)ー第48道中


 

 


 

 この記事は約2分で読めるよ

 

乾燥できた昆布を製品にしていこう!

 

 

 

 

昆布も残り少なくなってきて・・・


 

くまぞ~
くまぞ~

ふぅ・・・これでもう50本か・・・

シンタニ
シンタニ

あと10本を切ったな!もう少しや!

 

 

マチナガ
マチナガ

今日もみんなお疲れ~!

くまぞ~
くまぞ~

あい!お疲れ様です!

 

 

親方から衝撃の一言


 

くまぞ~
くまぞ~

昆布ももうそろそろ少なくなってきましたね。親方!

 

マチナガ
マチナガ

そうそう!みんなのおかげだよ。ところで今日は仕事終わりで悪いんだけどちょっとみんなにやってもらいたいことがあって・・・

 

 

 

くまぞ~
くまぞ~

(嘘だろ・・・また新たな仕事が・・・)

 

 

 

マチナガ
マチナガ

くまぞ~くん、突然だけどさ。

くまぞ~
くまぞ~

はい・・・

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

マチナガ
マチナガ

昆布欲しいっしょ?

 

 

 

くまぞ~
くまぞ~

はい!!!(満面の笑み)

 

 

 

さぁ!昆布を袋詰めにしていこう!


 

マチナガ
マチナガ

毎年うちにアルバイトに来てる人にはタダで昆布あげてるんだ~。欲しいでしょ?自分たちでとってきたり並べて干したりしてようやくできた昆布。

 

 

 

 全部の漁師さんのところか確証は無いが、昆布をお土産としてくれる漁師さんは少なくない。
(くまぞ~がアルバイトしたところは製品作りは親方ご家族でされていたため、自分たちのお土産分は自分たちで作ることになる)

 

 

 

くまぞ~
くまぞ~

コンブ♪ コンブ♪

 

  

 

 

 作業風景

倉庫で完全にカラカラに乾いた昆布の束をほどき一枚ずつ丁寧に切っていきます。

 

シンタニ
シンタニ

わしらが丹精込めて干した昆布・・・

タツヨシ
タツヨシ

ですなぁ・・・

 

 

 

 昆布を切る様子

先ずは昆布の側面のビラビラ部分を切っていきます。くわえて頭の部分も切り落とします、頭の部分は「根昆布」とされ特に味がいい貴重な部位として重宝されます。

  

マチナガ
マチナガ

リズムよく切ってくぞ~

 

 

 

 

 

 

  昆布を切る様子

側面を成形した後は、袋のサイズ(約20センチ)程に縦を切っていきます。

 

マチナガ
マチナガ

よしゃ!計量して袋詰めだ!

 

 

 

 

 

 真空パック詰め

重さを量った後は、いかにも高級そうなパッケージを専用の機械でプレス、真空パック化していきます。

 

くまぞ~
くまぞ~

この最後の工程がほんとにドキドキする、、、ずらしちゃだめだからね。

  

 

 

 

 

 

 お土産昆布の出来上がり

お土産昆布の出来上がり!
(ちゃんとした製品はしっかりアイロンをかけるのでここまで膨らみません)

 

 

 

値段にするとおいくらくらい?・・・


 

マチナガ
マチナガ

じゃあ袋8つセットみんなあるか~?

 

 

くまぞ~
くまぞ~

は~い(歓喜)

 

 

 

くまぞ~
くまぞ~

ところで親方・・・これ一人分いくらくらいになるんです?・・・

  

 

マチナガ
マチナガ

なんだよ~、難しいコト聞くなぁ・・・う~んとね。

 

 

 

  

 

マチナガ
マチナガ

小売でいったら一万はくだらないかなぁ。

 

 

くまぞ~
くまぞ~

カンシャアアァアァアアッツ!

 

  

マチナガ
マチナガ

でもな、くまぞ~くん。

くまぞ~
くまぞ~

は、はい!?

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

マチナガ
マチナガ

メル〇リはダメよ。

くまぞ~
くまぞ~

バレてた。

 

 

 ☞ヤフオクはいいのかな?

 つづく・・・
利尻島仙法志御崎海岸のアザラシとたわむれる!ー第49道中

 


※本記事にアップロードされた画像は全て著作権が存在しないもの、又は出典リンクより引用したものです。オリジナルイラスト・写真及び記事全文に関しては当サイトkumazoblog.comに帰属します。

コメント ←コメントしてね

タイトルとURLをコピーしました