アタマがイカレた、あるいっぴきの『くま』の物語

「越前市」の特産品紹介(越前打ち刃物編)ー第17道中


 

 


 

 この記事は4分で読めるよ

 

 

「越前市」って何か有名な特産品とかあるの?

 

 

~とある昼下がり、くまぞ~の家の玄関前~

 

 

うさみ
うさみ

(カーン、カーン)

 

くまぞ~
くまぞ~

ん~、なんだよこんな早朝から玄関で変な音が・・・

 

うさみ
うさみ

(シャッ、シャッ)

 

くまぞ~
くまぞ~

うさみちゃん・・・な、なにしてるの?

 

うさみ
うさみ

ん?見てわからないの?
刃物を研いでるの♡

 

くまぞ~
くまぞ~

(このままじゃ殺される・・・)

 

うさみ
うさみ

ちょっとまて!サツに電話しようとしてんじゃねえよ。

 

くまぞ~
くまぞ~

いやいや、どう考えても平日の真っ昼間から人の家の玄関前で包丁研がれてるなんてやばい状況に決まってるじゃん。

 

うさみ
うさみ

まぁこれにはわけがあって、おばあちゃんが包丁買ってきたんだけど中々切れなくて、今日の朝遂に豆腐まで切れなくなったから研いであげようと思って。

 

くまぞ~
くまぞ~

それは最早包丁と言えるの?それになんで人の家の前で・・・
まぁ理由は分かったにしても怖すぎるよ・・・ん?そうだ!

 

うさみ
うさみ

はぁ、どうしよう・・・

 

くまぞ~
くまぞ~

うさみちゃん、こんな安物の包丁よりずっといいものがぼくたちの市にはあるじゃないか!

 

うさみ
うさみ

え!?

 

 

「越前打ち刃物」の簡単な歴史


 

くまぞ~
くまぞ~

ちょっと待ってて・・・ゴソゴソ

 

うさみ
うさみ

なになに?なにするつもり?

 

くまぞ~
くまぞ~

そうそう、これこれ。(ゴトッ)

 

 

 「越前打ち刃物」

王者の風格すら感じさせられる「越前打刃物」。その品質の良さから国内外問わず愛好家が多い。

 

 

うさみ
うさみ

キャッ!ちょっとびっくりしたじゃない!

 

くまぞ~
くまぞ~

ごめんごめん!家に「越前打ち刃物」の包丁が何本か余ってたなと思って。

 

うさみ
うさみ

「えちぜんうちはもの・・・」そんなものがあったのね。

 

 

くまぞ~
くまぞ~

「越前市」が誇るとっても歴史がある特産品でね。その始まりは 1337年(南北朝時代)京都の刀作り職人が今の越前市にやって来て、現地農民の方に向けて作ってあげたことまでさかのぼるんだ。

 

 

うさみ
うさみ

へぇ~、700年も歴史があるものだったのね。

 

くまぞ~
くまぞ~

そして江戸時代に入ると福井藩によって打刃物の商売自体が保護され、職人さんたちが全国を売り歩く中でどんどん発展していったんだ。

 

うさみ
うさみ

OEDO~。

 

くまぞ~
くまぞ~

現代の今となっても昔ながらの鍛治技術を守り継承しながら、包丁やナイフ、農工業用刃物といったものを生産してるよ。

  

うさみ
うさみ

現代になってもウハウハね!

 

くまぞ~
くまぞ~

ところがどっこいそうもいかないんだよ・・・
鯖江のメガネの記事でも書いたけど、こういった伝統的特産品は海外からの安価な既製品や、科学の進歩による技術発展によってどんどんおされていってるんだ。

 

うさみ
うさみ

やっぱりそうなのね・・・でも「伝統技術」だけは絶対にマネしようがないし、そういう部分の価値がもっともっと広まっていけばいいわね。

 

くまぞ~
くまぞ~

いかにもだよ!次からは越前打刃物の3つのアピールポイントについて説明していくよ。

 

 

 

「越前打刃物」の3つのアピールポイント


 

くまぞ~
くまぞ~

「越前打刃物」のアピールポイントとしては軽量性耐久性実用性
この3つが主にあげられるよ。

 

うさみ
うさみ

ん?どういうこと?

 

くまぞ~
くまぞ~

軽量性としては薄くてとっても軽いから長時間使ってもストレスにならないこと。

 

くまぞ~
くまぞ~

耐久性としては上記で書いた使用によるストレス耐性の高さももちろんあるんだけど、何より安物の刃物より長持ちするよ。

  

 

くまぞ~
くまぞ~

そして実用性としてはとにかくよく切れるということ(小学生の時に校外学習で作ったペーパーナイフで大出血した過去アリ)、うさみちゃんの使ってるその包丁の様に豆腐が切れないなんてことは先ずないね。

  

 

うさみ
うさみ

ほぇ~、私も欲しくなっちゃった。

 

くまぞ~
くまぞ~

ただ、、、「伝統技術」には手間も人も時間もかかってるからお値段はやっぱりそこそこするよ。

  

うさみ
うさみ

でもお高いんでしょう?

 

くまぞ~
くまぞ~

いいものだと包丁一本5万円をこえたりするよ。

 

うさみ
うさみ

次元が違った。

 

くまぞ~
くまぞ~

価格は決してもちろん安くはないけどそれだけの価値が越前打刃物含め伝統工芸品にはあるんだ。

 

うさみ
うさみ

・・・・・ブンッ

 

くまぞ~
くまぞ~

わっ!危ないよ!うさみちゃん刃物を振り回しちゃ!

 

うさみ
うさみ

今日の晩御飯は「熊鍋」で決まりね。

 

くまぞ~
くまぞ~

もしもし・・・はい・・・今生命の危機でして・・

 

うさみ
うさみ

サツにはかけんなっつってんだろ!!!

 

 

 つづく・・・
くまぞ~的おすすめ『邦画』 ベスト3ー第18道中

 

 

出典、参考サイトリンク一覧 (2019/6/4 アクセス時点)


・福井県観光素材写真集
http://www.sozai.fuku-e.com/

・越前打刃物共同組合
https://www.echizenuchihamono.com/

※ 本記事にアップロードされた画像は全て著作権が存在しないもの、又は出典リンクより引用したものです。 オリジナルイラスト及び記事全文に関しては当サイトkumazoblog.comに帰属します


 

 

コメント ←コメントしてね

タイトルとURLをコピーしました